前へ
次へ

派遣で秘書になる方法とは

秘書という仕事にあこがれる人は少なくありません。
主な業務は、会社の経営陣の業務を影でサポートすることですが、裏方でありながら社外とのやりとりも非常に多く、やりがいのある重要な仕事です。
派遣元に登録して秘書として派遣されるためには、実務経験が必要となることが多いでしょう。
仕事には上司のスケジュール管理をはじめ、メールや電話の対応や来客対応、資料作成業務などさまざまあります。
特殊な仕事ですし、内容が多岐にわたるため、一から教育するには大変な期間と労力が必要となります。
そのためすでにスキルのある派遣社員を採用したいと考える企業のほうが多いのです。
上司出張時には旅券や宿泊先の手配、慶弔関連など突発的な業務もあります。
デスクの清掃、郵便物の受け取り、資料のファイリングなど、一般的な事務作業も膨大な量になりますし、大変な業務であることは間違いないでしょう。
大きく分けて個人秘書と秘書課や秘書室など組織に所属する秘書とに分かれますが、兼務秘書という種類もあります。
個人秘書は上司一人につき、組織所属秘書は複数名で補佐をおこないます。
兼務秘書は、部署に所属しながら部署と上司と両方の補佐を担い、スピードのある対応が求められる仕事と言えます。
精神的にも体力的にもハードですが、達成感もありますし、上司から信頼される仕事を目指したいですね。

Page Top