前へ
次へ

派遣からのジャンプアップ

派遣社員からの正社員、そしてキャリアチェンジは可能であるのか、こうした議論は尽きることがありません。
法改正により、正社員になることは決して難しくなくなっていて、派遣先企業での雇用であったり、それこそ登録している人材会社で正社員になることも可能性としてあります。
その後のキャリアチェンジすべきかという内容は、派遣に出せる業務であるのか否かです。
40歳で給与も変わらずというケースでは、年功序列ではなくやはり実績重視の可能性もあるでしょう。
しかし、誰がやっても結果が変わらない業務ならば、そして給与をアップさせたいのならキャリアチェンジも視野に入れましょう。
そうした意味でも、40歳でチャレンジできるのは派遣社員です。
ただ尻込みしていては難しさがあるようで、これまでの(前職・現職)のスキルをポジティブに抽象化させることが大事だといいます。
例えば、CSオペレーションに携わっていた経歴が3年あるなら、スキルアップで三度CSオペレーション業務を選ぶでしょう。
しかし、それに関連する職種にもチャレンジできるのではないでしょうか。
正社員ならばやれて当たり前のところも、適合性だけあっていれば使える人材として見られます。
まずは、関連する業務に慣れるまでやってみる、そしてミスマッチでないと気づけばキャリアチェンジしてみるのもアリでしょう。

Page Top